media infos (updated )  *official newsはこちら


書籍

雑誌

テレビ

 1/8(日)21:00~ しあわせの記憶 夏波役

 公式HP公式FB公式BLOG


映画
 2017年1月28日公開予定 「破門~ふたりのヤクビョーガミ」 渡辺悠紀 役 
 配給:松竹 監督:小林聖太郎


BD/DVD

 発売中
  独身貴族 BOXセット悪夢ちゃんthe夢vie、悪夢ちゃんSP、抱きしめたい、ジャッジ!、ルームメイト、映画謎ときはディナーのあとで、27+、悪夢ちゃん BOX SET謎ときはディナーのあとでSP、謎ときはディナーのあとで BOX SET、この内容で世界の片隅に、瞬 またたき、筆談ホステス

CM

2014-11-16

DIARY | KEIKO KITAGAWA OFFICIAL WEBSITE

ジュ・テーム









ジュ・テーム


2014/11/16 (Sun)


日毎に寒気加わる時節となりました。皆様いかがお過ごしですか。







私は映画『愛を積むひと』の撮影を無事終え、今月はお仕事で8日間ほどローマに滞在しておりました。

夏に行ったトルコに続き、人間的に鍛えられたといいますか、とても勉強になる旅になりました。

何のお仕事だったかは情報が出ましたらまたご報告したいと思います。

ローマではタイトに撮影をしていたのですが、合間にちょこちょこ地元のスーパーや市場による時間があったので、

お土産にワインやモッツァレラチーズ、バルサミコ酢、アンチョビペースト、オリーブのペースト、サラミ、パスタ、ペンネなどを買って帰りました。

見事に食べ物ばかりですね。(笑)

市場で見つけてすぐに買ったオリーブの木のまな板は自分用に…。

とても立派なまな板なので、結局まだ勿体なくて使えていませんが、とっても嬉しいお買いものでした。

ローマで頂いたイタリアンを思い返しながら、ローマで買ったワインや調味料でお料理したらとても楽しかったです。

旅先で頂いたお食事を、旅を終えてから再現するのも新しい趣味になりそうです。







憧れのボルサリーノで真っ黒のハットも買いました。

ジェンヌさんのようなかっこいいファッションを目指します。

次の観劇(即ちベニ様の風と共に去りぬ)に新しいハットかぶっていくんだ…うふふ。



観劇と言えば少し時間が経ってしまいましたが、先月雪組さんの『伯爵令嬢』を観に日生劇場へ行ってきました。

伯爵令嬢は念願のちぎ様(早霧せいなさん)のトッププレお披露目公演ということで、絶対に外すわけにはいかない公演でした。

原作の漫画を全巻購入し、万全で向かいました。



ちぎ様は幕開きからまるで漫画から抜け出したかのような長髪のウィッグで、夢の王子様のような麗しいお姿でした。

とことん二枚目。とことん王子様。

なんて素敵なトップさんなのだろうと幕開きから信じられない程の高揚感でした。

”壁ドン”とか最近話題だけど何が良いの?とか思ってて本当にすみません

ちぎ様どうかもう一度壁ドンをお願いしますと思いながら、動揺をひた隠しつつ観ていました。



「ドンカンさん」



「アランとお言い」



「僕と結婚するとお言い」



ちぎ様×伯爵令嬢=完璧。

吐血寸前のシーンのオンパレートで、新生雪組さんの破壊力を目の当たりにしました。



ヒロイン・コリンヌを演じる咲妃みゆ様がまたとびっきりの愛らしさ。

孤児として育ちながらも境遇を悲観せず、明るく活発で正義感にあふれるコリンヌを

漫画から飛び出したかのようにキュートに演じていらして、とにかく萌えました。

とても芸達者な娘役さんなのは十分承知なのですが、そんなことよりとにかく可愛い。

笑顔もふくれっ面も可愛い。もはや可愛いとしか形容できません。

ちぎ様、本当にこんな素敵なお嫁さんを迎えられて良かったね…と感涙しそうになるほど

ちぎ様とみゆ様の並びが絵のように美しく、そしてとても幸せそうでした。



ラストは両サイドにともみん様(夢乃聖夏さん)と翔様(彩凪翔さん)を従えてのダンス。

そしてみゆ様とのデュエットダンス。

とっても甘々なデュエットダンスでした。これがちぎ様とみゆ様のお披露目デュエットなんだなぁと思うとまた感動。

くるくる回る二人が幸せそうで、見ている私もとても幸せになりました。



本当に新生雪組さん、最高でした。

次は必ず大劇場で大階段を降りるちぎ様みゆ様をこの目で見なくてはなりません。

ベニ様の風共と言い、宝塚ファンは一年中忙しいです。

(ジュ・テーム、宝塚。宝塚を愛さずにはいられない。)







先月は伯爵令嬢以外にも綾子さんと映画も観たり、沢井さんのお誕生日会をしたり、活動的な月でした。

綾子さんとはニコール・キッドマンの『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』を観てきました。







日比谷の映画館の前で綾子さんを待つ私。笑



ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリー激動の半生に迫る伝記ドラマで、

ニコール・キッドマンもセットも衣装も映像も全てが美しく、見入っているうちに終わりました。

タフで知性のある女性ってやはりかっこいいなぁ…と改めて感じました。

完全に映画に感化され、本を読んだり、勉強して教養を身に着けたいと思いました。







映画の後は綾子さんと銀座でショッピングをして、薬膳鍋へ行きました。

沢山食べて、沢山話して、楽しいひと時でした。ひと時と言っても、気付けば結構長居していましたが…。

綾子さんはとても知的で品のある方なので一緒にいたら私も良い女になれそうな気がします。(笑)

素敵な先輩に恵まれ幸せです。



そして沢井さんのお誕生日会。

もうすでにほかの戦士たちが全員ブログに載せてくれているので、とても今更感のある写真ですが…。

全員集合!











全員集合しすぎてレア感の薄い写真ですが…毎回載せますよ!しつこく載せますよ。(笑)

この日は沢井さんのお誕生日でしたが、いつも通り近況報告から始まり、どんどん盛り上がり、

とんでもなくくだらない話で大笑いして解散しました。(笑)



沢井さんのブログに書いてあったのですが、

「めぐりあう奇跡とかけがえのない時を

全部大切にして生きていける

幾千の想い 夜空に消えていく

今しかできないことやり遂げたい

I wanna be with you.My best friend.

ずっと一緒に」



『Friend』を5人で歌ってからもう10年以上が経ちました。

「この番組が終わっても、遊びにいこうね」と言っていた10代の頃の私たち。

全員が成人して、もうアラサーだねなんて言いながら、今も変わらず一緒に居られていることが嬉しいです。

そしてそういうことを考えるとふと涙が出そうになるのは歳ですか。







沢井さん、お誕生日おめでとう!これからも言い続けるけど、今年もおめでとうと言えて良かった。



さて、今年も残すところ一か月半を切りました。

今年も年末にファンミーティングを開催させて頂けることとなり、皆様とお会いできるのがとても楽しみです。

今年を全力でやりきって、気持ちよく皆様とお会いできるように頑張りたいです。



では最後になりましたが恒例のKeiko’s キッチンを。



鳥ひき肉とレンコンのつくね。

しゃきしゃきして美味しかったです。







大根の煮物。

ごま油を入れると美味しいというのは発見でした。







レンコンと水菜とミックスビーンズのサラダ。

最近のお気に入りです。







ビーフシチュー。

赤ワインで牛肉を一時間煮込んで。







セロリと玉ねぎとツナのサラダ。

セロリ嫌いな方にお勧めです。







ホワイトシチュー。

寒くなってこういうメニューが増えました。







ポルチーニ茸のリゾット。

ローマで食べたリゾットに感動して、帰ってすぐ作りました。







アサリの酒蒸し。

イタリアの白ワインを使って。







鶏肉とナスのトマト煮。

いつも作った料理の写真をセーラーに送るのですが、この日はなんと、こまっちゃんも全く同じトマト煮を作っていました!

偶然で盛り上がりました。







何でもないサラダ。

オリーブオイルと塩、ローマで買ったバルサミコ酢とモッツァレラチーズが大活躍。







鶏肉と玉ねぎとマカロニでスタンダードなグラタン。

冬にぴったりですね。







最近は洋食が続いています。

お菓子も作ってみたいなぁと思っている今日この頃。



最後はジルの近影を。相変わらず元気です。


















This post has been generated by Page2RSS



November 16, 2014 at 11:36PM



via DIARY | KEIKO KITAGAWA OFFICIAL WEBSITE

0 件のコメント: